2010年2月 1日 16:39更新

実務対応報告第26 号「債券の保有目的区分の変更に関する当面の取扱い」の適用期間の満了について

 企業会計基準委員会より、実務対応報告第26号「債券の保有目的の変更に関する当面の取扱い」(平成20年12月5日付公表)について、平成22年3月31日までの適用とし、継続適用しないこととして下記の対応が公表されました。

 ①実務対応報告第26号の適用を継続しない(この場合、実務対応報告第26号は適用期間満了をもって廃止される。)
 ② 実務対応報告第26号に基づいて保有目的区分の変更を行った場合には、その後の事業年度以降も当該変更に関する追加情報の注記が求められているが、廃止後はこの注記を継続する手当てをしない

https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/misc/saiken/comment.jsp;jsessionid=7B58F7DCECAE30735E2CC92698127F36

公表機関一覧
年別ビジネスリソース