2010年6月23日 14:50更新

【未発効の新起草方針に基づく改正版】「監査基準委員会報告書第50号『専門家の業務の利用』(中間報告)」の公表について

日本公認会計士協会(監査基準委員会)から、専門家の業務の利用に関する監査基準委員会報告書の新起草方針に基づく改正版が公表されました。

この改正は、国際会計士連盟の国際監査・保証基準審議会(IAASB)が行うクラリティ・プロジェクトの動向を踏まえた監査基準委員会報告書の新起草方針(義務としての手続の明確化など)に基づく改正版への改正であり、監査基準委員会報告書第14号「専門家の業務の利用」を全面的に改正するものです。

なお本件報告書は、平成22年2月26日に公開草案を公表し、広くコメント募集を行った後、寄せられたコメントを検討し、内容を一部加筆・修正しております。主な加筆・修正の内容は次のようなものです。

  • 専門家の業務を利用する場合の例示に、現行の監査基準委員会報告書第14号「専門家の業務の利用」を参考に、ITを利用した複雑な情報システムについても含まれることがある旨を記載した。
  • 標題を「監査人による専門家の業務の利用」から「専門家の業務の利用」に変更した。ただし、本報告書の位置付けを変えるものではない。
  • その他、用語の表現について、より読みやすくなるよう一部字句修正を行った。
また、2011年4月1日(平成23年4月1日)以後開始する事業年度に係る監査から適用予定ですが、実務指針作成作業の進捗状況や諸外国の国際監査基準への取組みの状況により延期される可能性があるために、「(中間報告)」としての扱いとするとともに未発効とし、発効及び適用については将来に別に定めることになっています。


日本公認会計士協会ホームページ
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/50.html

公表機関一覧
年別ビジネスリソース