2011年10月 3日 22:31更新

「会計基準の国際化に伴う企業への影響と監査役の実務対応 その3」の公表について

日本監査役協会は「会計基準の国際化に伴う企業への影響と監査役の実務対応 その3」を取りまとめ、公表しました。


これは以前に作成・公表した「会計基準の国際化に伴う企業への影響と監査役の実務対応」(平成20年4月3日)及び「同 その2」(平成20年9月29日)から3年が経過したことから、その間、企業会計基準委員会(ASBJ)から公表された会計基準のうち、監査役の監査実務への影響が大きいと考えられる「包括利益の表示」、「会計上の変更及び誤謬の訂正」、「企業結合」及び「セグメント情報等の開示」の4項目を採り上げ、「実務対応 その3」として取りまとめ、公表したものです。


日本監査役協会ホームページ
http://www.kansa.or.jp/support/library/post-80.html

公表機関一覧
年別ビジネスリソース