2011年12月22日 22:20更新

新起草方針に基づく品質管理基準委員会報告書及び監査基準委員会報告書並びに監査・保証実務委員会実務指針の最終報告書の公表について


日本公認会計士協会は、平成23年12月22日付けで標記の最終報告書を公表しました。
本件の公表に至るまでの直近の経緯は以下のとおりです。


日本公認会計士協会では、平成23年10月13日に、7本の監査基準委員会報告書とともに、従来、監査基準委員会報告書に含まれていた受託会社の内部統制の保証業務に関する監査・保証実務委員会実務指針第86号「受託業務に係る内部統制の保証報告書」を中間報告として公表し、これをもって、一般目的の財務諸表の監査に関する一連の改正作業が完了しています。

その後、監査・保証実務委員会実務指針第86号を含む、全38本の新起草方針に基づく報告書間の相互調整を図る作業を実施し、平成23年10月24日付で再度公開草案を公表し、 今般、公開草案に寄せられたコメントを踏まえ一定の検討が終了したことから、最終報告として公表するに至ったとのことです。


日本公認会計士協会ホームページ
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1587.html

公表機関一覧
年別ビジネスリソース