2019年9月 6日 15:22更新

監査報告書における意見の根拠の記載及び監査人の守秘義務の明確化のための監査基準の改訂に関する意見書等の公表について

 201996日、金融庁から、企業会計審議会が取りまとめた監査基準の改訂に関する意見書、中間監査基準の改訂に関する意見書及び四半期レビュー基準の改訂に関する意見書が公表されました。

 本意見書は、財務諸表利用者に対する監査に関する説明・情報提供を充実させる必要性が指摘されている状況を踏まえ、監査基準において監査報告書における意見の根拠の記載や監査人の守秘義務を明確化するため、企業会計審議会において審議され、とりまとめられたものです。また、20187月の監査基準の改訂において、中間監査基準、四半期レビュー基準についても、今後同様の観点からの改訂を検討することが必要である、とされていた報告基準に係る改訂事項についても改訂がなされています。

 

適用時期

 監査基準については、20203月決算に係る財務諸表の監査から、中間監査基準については2020930日以後終了する中間財務諸表の監査から、四半期レビュー基準は202041日以後開始する事業年度に係る四半期財務諸表の監査から、それぞれ適用する。

 

金融庁ウェブサイト

https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20190904-2.html

公表機関一覧
年別ビジネスリソース